男女

伝統的な結婚式といえば和婚【厳かな雰囲気で愛を誓う】

見直される伝統的な挙式

男女

神前結婚は早い予約が必要

かつては教会やホテルでのウェディングが人気でしたが、最近の女性は和婚を希望するケースが増えています。日本の伝統的な結婚式で、厳かな雰囲気と格調の高さが魅力です。和婚では女性の衣装が白無垢や打ち掛けなど、男性は黒紋付きが正装となります。まさに和婚ならではの装いができるのも魅力となっています。和婚の多くは神前結婚式ですが、有名な神社で行う場合は挙式ができない日があります。そのため早めにスケジュールを決めて予約する必要があります。また神前結婚式では参列できるのが親族のみとなるので、会社関係者や友人達を招待する披露宴の席を別に設けることになります。女性の中には和婚の装いとウェディングドレスの両方を着たい人も多く、そのような場合は披露宴でウェディングドレスを披露することができます。

ホテル挙式で和風を演出

結婚式では新郎新婦の両家の思いが強く働き、必ずしも希望通りの挙式ができるとは限らないのです。もしも神前結婚式が叶わずホテルでのウェディングになった場合でも、披露宴で和婚の雰囲気を演出することができます。例えばお色直しの時に白無垢や打ち掛け、黒紋付きなどの衣装で登場すれば会場は盛り上がります。会場に流れるBGMを日本古来の雅楽や三味線の音楽にすれば、和婚の雰囲気を演出できます。また友人達と打合せをして、鏡開きのイベントを開いたりすることもできます。どうしても和婚の雰囲気を味わいたい時には、ホテルのウェディングコーディネーターに相談しておくことが必要です。ホテルによっては木遣りや獅子舞などを用意してくれる所もあります。

式場と挙式スタイル

式場

横浜の結婚式場は、それぞれ対応する挙式のスタイルに違いがあります。従って、希望するスタイルが可能な結婚式場を選びます。平均的な費用の金額に惑わされず、選ぶプランの金額を把握します。人数も、式場選びの際には調べておきたいポイントです。

More...

魅力的な神社挙式

ぬいぐるみ

神社挙式は厳粛な雰囲気の中、和装で執り行うことができる結婚式です。日本古来の伝統的なスタイルですが、最近は指輪交換も行うようになっています。神社挙式にかかる費用としては大人数であれば200万円程度かかります。

More...

由緒正しい儀式を行う

神前式

近年でも、日本の伝統な和婚をするカップルがいます。「和」を感じられる独特な雰囲気のある結婚式で、場所もホテルや教会ではなく、神社で行います。新郎新婦が着用する衣装については、京都の神社によっては用意されていないこともあるので、注意しましょう。

More...