由緒正しい儀式を行う|伝統的な結婚式といえば和婚【厳かな雰囲気で愛を誓う】
風船と新郎新婦

伝統的な結婚式といえば和婚【厳かな雰囲気で愛を誓う】

由緒正しい儀式を行う

神前式

最近人気が高い

古き良き日本の伝統にのっとった結婚式がしたいと、最近人気が高いのが和婚です。華やかな和装の婚礼衣装を身にまとって神社の参道を歩む...そんな格調高い厳かな雰囲気が和婚の特徴です。和婚にはホテルや専門式場の神殿では決して味わうことのできない感動的なものがあります。儀式の1つ1つに込められた意味をかみしめる神前式挙式に、本当に結婚したんだという実感がわいてきたと、感激するカップルが多いようです。年配のゲストが多い場合や、両親が和装の姿を見たいと希望しているカップルには、和婚がおすすめです。京都の誰もが知る歴史ある神社で執り行う和婚は、めでたい日を迎える二人や京都に祝福に訪れたゲストの方々の素晴らしい思い出になることでしょう。

事前に確認が必要です

神社で行う和婚は、明治時代に当時皇太子であった大正天皇の結婚式をきっかけに、民間に広まっていった挙式スタイルです。神前挙式は親族杯を交わし、血縁のある方の結びつきの儀式を行うので、親族のみが参列するのが原則となっていました。しかし最近では、席に余裕があるなら友人たちが参列できる神社が増えています。友人に参列してもらいたい場合は事前に神社へ相談してみるとよいでしょう。京都の神社には、披露宴を行える会場を併設しているところと、そうでないところがあります。挙式をあまり行っていない京都の神社では、衣装や着付けなどすべてを自分たちだけで手配しなければならないケースがあるので、事前に確認しておく必要があります。